アダルトチルドレンの彼が感じる「拒絶されてる」という感覚

私も彼も、アダルトチルドレンです
そして彼は回避依存です

急速に激しくお互いに惹かれて
つきあいはじめましたが

求めているのに
近くなればなるほど
お互いの心の中の問題点が

浮き彫りになります

私が他者を褒めるのを聞くと
「自分が拒絶された」
という感覚に陥るみたいです

そしてもう一つ

私が他者の悪い所を指摘するのを聞くと
「自分が拒絶された」
という感覚に陥るみたいです

そう感じた瞬間
彼は少し人格が変わったように
荒々しくなり
心に鎧をまとうかのように
私との間に境界線をはります

彼なりの防衛本能

それは理解できるのですが
その防衛本能を発令させるボタンを押さないように
何気ない会話にも神経を使っている自分

少し疲れてしまうことが出てきました

アダルトチルドレンの彼の気持ちは
アダルトチルドレンである私は
よく理解しているつもりです

私は自覚があり
色々と勉強しようと努めている分
自分の心の問題に気が付いているから

でも彼は
無自覚
無意識

その分
辛いんです
きっと

ayu-ra(あゆら)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です