恋愛依存、回避依存、アダルトチルドレン・・・色々な言葉が出てきますが

自分の性質や現状を知るために
色々ネットで調べたり
本を読むようになりました。

恋愛依存
回避依存
アダルトチルドレン

色々な言葉が出てきますね。

私は、全てに当てはまるような気がします。
そこに気質も加わって
自分も他者も
「扱いにくい」
女になってしまったように思います。

私は機能不全家庭の中で育ちました。
その自覚をもったのはつい最近で
それまでは「自分が悪い子だったから」
そう思って生きてきました。

でも
自分は悪くなかった
何の責任も持つことができない子供だったのに
子供であることを許してもらえなかった
親の甘えや依存心を満たすための
道具にされてきてたんだなって

そう認識してしまってから
親に対する嫌悪感がすごく渦巻いてしまって

でも だからこそ

純粋に子供として受け止めてほしい
子供らしく生きたい
安全地帯が欲しい
条件付でなく愛してほしい

そう願っている
暗い部屋の片隅で泣いている
幼い頃の自分を見つけることができました。

そうして自分をひとつ知ったとき
彼に対する見方もかわりました



彼も同じように
泣いている小さな自分に
気が付いていないんじゃないかな

そう彼に話したことはないけれど
きっとそうだろうと思うのです。

私達ふたりは
アダルトチルドレンだった

それに私だけが気が付いてしまった

恋愛依存
回避依存

それらを克服するためには
まず
それらを生んだ背景から
考えていかなければ

そう思います。

書きましょう。
自分の思ったまま。

そうすることで
見えてくるものがあるはずだと
信じてみます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク