私って恋愛依存症?過去の恋愛経験

過去の、どの恋愛を振り返っても
思うことは、たったひとつ。

「私は相手の心を潰してきた」

たった一人だけ
私に心を潰されずに
私を捨てて去って行った人がいました。

その人は、
大手企業に就職をし、
幸せな家庭を築き、
幸せな安定した人生を送っているそうです。

そのほかの人たちは、
私に心を潰されてしまったと、
我ながらに感じています。

私は、
自分が求めることを
与えてもらうことがすべてで、

自分が与えることなんて
これっぽっちも考えたことがない人間でした。

与えてくれないと察すると
さっさと次を見つけて
冷徹な別れを告げることも。

自殺か事故かわからない状況で
亡くなってしまった人も

いました。

真相は わからぬまま

ただ あの時、私が思ったことは

「これから どうやって生きていけばいいの」

でした。

本気で別れる気などなかった

まさか、あれが今生の別れになるなんて
思いもしなくて。

与えてよ。
与えてくれないなら、
別れる。

別れたくないなら
なんとかしてよ。

私は あなたなしでは
生きていけないんだから。

そんな私を

ちゃんと守ってよ。

・・・
そんな脅迫的な「非言語メッセージ」、
なのに 「別れたい」 という、言語メッセージ。

相反する二つのメッセージを受け取った相手は
混乱して 徐々に心が 潰れていく

そんな恋愛
ばかりでした。



 

「私って恋愛依存症?過去の恋愛経験」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です