どうしたら返事をくれるの?回避依存症の彼へラインする時の注意点とは

あなたの彼は回避依存症ですか?

あなたが恋愛依存症の場合、回避依存症の彼の「そっけ無さ」は非常に辛いものとなるはずです。回避依存症特有の様式なので、うまく付き合っていくしかありません。

そこで。回避依存症の彼にラインやメールをする場合、「返事が返ってきやすい文面」があるのをご存知ですか?

回避依存症の彼は文章を読むのが苦手

まず、回避依存症の彼は文章を読む(理解する)のが苦手です。

長い文章を送っても、しっかりと読むことはほとんど無いでしょう。

回避依存症の彼への文面は、シンプルでわかりやすく。これが鉄則となります。

1回の送信に1メッセージ。
文章は短くシンプルに。

回避依存症の彼は何気ない会話を好む

回避依存症の彼は、何より重いやり取りや、ラインやメールを使った感情の交換が苦手です。

重要な話はラインやメールではしないことが大切です。

とにかく、連絡にしろ何にしろ、返事をもらう(やり取りを続ける)ということに重点を置いてください。

何気ない会話を続けると、彼からのレスポンスが比較的早くなるので試してみてください。

天気(気候・温度)の話を好む傾向があります。
体調(睡眠)の話題もストレスを感じない傾向があります。

回避依存症の彼は重圧を嫌う

回避依存症の彼は、とにかく「重い」ことを嫌います。ラインやメールの文面に、言葉とは裏腹なネガティブな感情を込めないこと。

そして、あえて会話に明るさ・軽さを演出すると、彼から返事が来る確率がアップしますよ。

語尾に「~」をつけて会話の雰囲気を和らげる

例)今日は良いお天気だね~

言い方がキツい表現の仕方はしないほうが良いです。

言い切り方や、「!」の使用は避けるほうがベターです。

回避依存症の彼にとって絵文字は意味を持たない

明るい気持ちやポジティブな感情を伝えるために、絵文字をたくさん使用するのは無駄です。

回避依存症の彼にとって、絵文字はさほど意味をなしません。

反対に、回避依存症の彼は、人の表情から受け取るニュアンスを取り違えることが多いので注意が必要です。

例えば、こちらは楽しさの演出で笑顔の絵文字を使ったつもりが、彼がその絵文字を笑顔とは受け取らず、「俺をバカにしてるのか。」と穿った見方をすることもあるのです。

絵文字は反対に状況を悪くすることがあるということを知っておくこと

笑顔を見て、笑顔だと受け取るとは限らないとは、びっくりですよね。でも、これ多いです。その時の、あなたへの感情で大きく変わりますので、絵文字を使う時は少し慎重に。

回避依存症の彼へのメッセージはとにかくシンプルに

回避依存症の彼へラインやメールをする時は、とにかくシンプルを心がけましょう。

長々と書かない。
伝えなければいけないことを箇条書きに。
柔らかいニュアンスで簡潔に。
返事を求めない。

これらに気を付けることで、回避依存症の彼からの返事はぐっと多くなります。

あと、自分の時間軸を大切にする人が多いので、夜は○時以降は連絡を差し控える、という取り決めをすることも、彼との関係を良好に導くためには効果的です。