嫉妬は見苦しい?彼女の嫉妬を彼が嫌う理由とは?

  • わけもなく嫉妬してしまう
  • 自分でも嫉妬の理由がわからない

そんな悩みを持っているのは、

きっと私だけではないと思います。

私が嫉妬の感情を彼にぶつけるとき、
ただ単に、彼に気持ちを理解してほしいだけのことが多いです。

なのに彼は、私の嫉妬を全く受け入れてくれません。

「女の嫉妬は見苦しい」とばかりに、
逆切れしたり、荒々しい態度でけん制してきます。

そのたびに、
ああ。やはり我慢しておけばよかった。

後悔ばかりしてきました。

でも、彼の立場になって考えてみたら。

お互いを高めあう恋愛がしたいと思ってくれている彼だとしたら。

「女として」より、「人間として」の、質というか。

嫉妬は、自分の持ち物が奪われるのではないかという恐怖の裏返しだといいます。

奪われたくないから、死守しようとする。

もしかしたら、誰も奪おうとしていないにもかかわらず、

疑心暗鬼になり、

いつも彼を目で追いかけて行動を確認したり。

信じることって、

疑うことより難しい。

でも、人間としてみたときに、

負の感情=嫉妬、にとらわれているようでは、

お互いにリスペクトしあう事はできないのではないか?

そう思うようになりました。

いや、そう思う、日も出てきました、というのが、

正解です。