回避依存症の彼から返事がくるラインの文面って?

回避依存症の彼
回避依存

あなたの彼は回避依存症ですか?

あなたが恋愛依存症の場合、回避依存症の彼の「そっけ無さ」は非常に辛いものとなるはずです。回避依存症特有の様式なので、うまく付き合っていくしかありません。

回避依存症の彼から、連絡が来ないこと・・

、、、辛くないですか?

私は、辛いです。恋愛依存症なんで。

そこで。回避依存症の彼にラインやメールをする時に、「返事が返ってきやすい文面」について、私の経験から伝えられることを書きたいと思います。

回避依存症の彼は文章を読むのが苦手

まず、回避依存症の彼は文章を読む(理解する)のが苦手です。苦手というより、「面倒くさい」と感じることに直面する際、回避依存症の彼は心理的苦痛を感じることが多いです。

あなたが、渾身の気持ちを込めた、長い文章をラインやメールで彼に送信しても、回避依存症の彼が「あなたの文章を読む」ことは、ほとんど無いでしょう。

回避依存症の彼への文面は、シンプルでわかりやすく。これが鉄則となります。

1回の送信に1メッセージ。
文章は短くシンプルに。

 

これ、すごく大切です。

安定型の人とは、違うんです。悲しいけど。回避依存症の彼の心理は。

回避依存症の彼は何気ない会話を好む

回避依存症の彼は、重荷に感じることが苦手です。やり取りや、ラインやメールを使った感情の交換が苦手です。

重要な話はラインやメールではしないことが大切です。

とにかく、連絡にしろ何にしろ、返事をもらう(やり取りを続ける)ということに重点を置くべきです。

何気ない会話を続けると、彼からのレスポンスが比較的早くなるので試してみてください。

回避依存症の彼は、天気(気候・温度)の話を好む傾向があります。
回避依存症の彼は、体調(睡眠)の話題を好む傾向があります。

 

なぜなら、「あたらず触らず」だからです。

ご近所さんと、すれ違った時にする挨拶、「今日は天気が良いですね。」と同レベル。だから心的ストレスを感じない。

回避依存症の彼は重圧を嫌う

回避依存症の彼は、とにかく、心理的に「重い」ことを嫌います。ラインやメールの文面に、言葉とは裏腹なネガティブな感情を込めないことが、非常に重要です。

これが、恋愛依存傾向にある女性にとっては、とても辛い。。。

どうしても、相手の気持ちを確かめたくて、自分の感情を文字にして送ってしまいがち。でも、百害あって一利なしと心得てください。悲しけれど、回避依存症の彼は、あなたの心情を察することはできません。いえ、頭の中では貴方のためにいろいろと考えているかもしれません。しかし、貴方から感情をぶつけられた瞬間、逃げ出したくなるのです。

語尾に「~」をつけて会話の雰囲気を和らげると、回避依存症の彼は返事をしやすくなると、私は学習しています。

 

例)今日は良いお天気だね~

 

「今日は良いお天気だね。」

という文面より、最後に ” 〜 ” をつけるだけで、彼が受け取るイメージが変わるように思います。

和らぐというのかな。

言い切り方や、 「!」 の使用は避けるほうが良いです。

プレッシャーを与えてしまいます。

回避依存症の彼にとって絵文字は意味を持たない

明るい気持ちやポジティブな感情を伝えるために、絵文字をたくさん使用するのは無駄です。

回避依存症の彼にとって、絵文字はさほど意味をなしません。

 

反対に、回避依存症の彼は、人の表情から受け取るニュアンスを取り違えることが多いので注意が必要です。

例えば、こちらは楽しさの演出で笑顔の絵文字を使ったつもりが、彼がその絵文字を笑顔とは受け取らず、「俺をバカにしてるのか。」と穿った見方をすることもあるのです。

絵文字は反対に状況を悪くすることがあるということを知っておくこと

 

笑顔を見て、笑顔だと受け取るとは限らないとは、びっくりですよね。でも、これ多いです。その時の、あなたへの感情で大きく変わりますので、絵文字を使う時は少し慎重に。

回避依存症の彼へのメッセージはとにかくシンプルに

 

回避依存症の彼へラインやメールをする時は、とにかくシンプルを心がけましょう。

 

  • 長々と書かない。
  • 伝えなければいけないことを箇条書きに。
  • 柔らかいニュアンスで簡潔に。
  • 返事を求めない。

上記のポイントに気を付けることで、回避依存症の彼からの返事はぐっと多くなります。

回避依存症の彼は、自分の時間軸を大切にするということに執着する人が多いです。

たとえば、彼がストレスになることは、極力避けたほうが、彼との恋愛関係を長く続けることができるのでは?と私は思います。

たとえば、夜は○時以降は連絡を差し控える、土日は連絡しない、など。

彼が「逃げる必要がない」 と感じる、安堵感を得ることができれば、

きっと、貴方へのレスポンスは劇的に増えることでしょう。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。