恋愛依存症を克服!彼の愛を取り戻すためにできる3ステップ

恋愛依存症

このブログにたどり着いたということは、

「私って恋愛依存症なの?」

「もう一度彼から愛されるにはどうすればいいの?」

という悩みをお持ちなのではないでしょうか。

 

私は恋愛依存症です。

彼は回避依存症です。

 

一般的に、この恋愛依存症の女性と回避依存症の男性のカップルは、

様々な苦痛を伴う付き合いになるといわれています。

 

もしあなたが、私と同じ境遇なら、

私の経験が少しでも何かのヒントになるのではと思います。

 

それでは、私が悩んだ末にたどり着いた、彼の愛を取り戻すためにできる3ステップをご紹介いたします。

彼の愛を取り戻すためにできる3ステップ

1.自分の心の傷に気づく
2.自分の心のひび割れを直す
3.彼を人間として愛す

1.自分の心の傷に気づく

まず一番最初のステップは、「自分の心の傷に気づく」ことです。
私自身、自分がアダルトチルドレンだということに気が付いたことから、今までの「いびつな恋愛」を振り返ることができました。

  • ずっと生きづらかった。
  • この息苦しさの意味がわからかなった。
  • 誰にも相談できなかった。
  • 同じ様な「不安定な恋愛」を繰り返してきた。
  • 愛されたくて仕方がなかった。
  • いつもいつも不安だった。

自分が「アダルトチルドレン」であるということを認識した時から、私の人生(恋愛)は好転してきたのではいかと感じます。

 

メンタルヘルスクリニックでカウンセリングも受けました。

占いにすがったこともありました。

セルフカウンセリングできるマニュアルも読みました。

そうする中で、いかに自分の心が傷ついているのかを知ることができました。

 

問題は、彼にあるのではない。自分自身の心が問題なんだ・・・

自分の心の傷に気が付くこと。
これが、彼の愛を取り戻すためにできる最初のステップです。

2.自分の心のひび割れを直す

次のステップは、「自分の心のひび割れを直す」ことです。

「それって、恋愛に関係あるのかしら?」

もしあなたがそう感じたとしたら、間違いなく、貴方の今までの恋愛(辛いことの多い恋愛)は、貴方の心のひび割れが原因です。

あなたの心を愛情のタンクに例えたとしたら。

心のひび割れから、愛情がポタポタと、流れ出ている状態です。

  • 私の愛情のタンクをお願いだから満たしてよ!
  • 愛してくれないと愛情のタンクが空っぽになってしまう!
  • 恋愛なんだから、愛してくれて当然でしょう!
  • なぜ愛してくれないの?
  • 愛してよ、愛してよ、愛してよ!

そんな風に、自分の心のひび割れを、
埋めてもらおうと必死でした。

 

でも、違うんです。
自分の心のひび割れは、自分で直すしかないのです。

 

では、どうすれば、自分で直すことができるのでしょう?

 

それは、「一人の時間を耐える」ことから始まります。

回避依存症の彼との別れ~復活までの記録に書きましたが、アダルトチルドレン・恋愛依存症の女性は、私だけに限らず「極度に一人で居るのが辛い」ことが多いのです。

 

安定型の親に育てられ、愛情いっぱいに育った女性は、一人の時間を楽しむことが上手だと言われています。自分と、自分以外の人との実質的な距離と精神的な距離を、適正に認識できるからだそうです。

 

それに比べ、機能不全家庭・不安定型の親に育てられ、アダルトチルドレンと化してしまった女性は、「体が離れていること=心も離れてしまう」という恐怖心が根付いているのだと思います。だから、一人が耐えられない。誰かにそばにいてほしい。見捨てられる不安を感じると、息すらできなくなってしまう・・・

自分の心のひび割れを直すのは、自分自身です。

「一人の時間を耐える」こと。

 

苦しいですよ、辛いですよ、本当に悲しい時間ですよ。

でも、耐えるんです。耐えるというより、「いま、この空間にいるのは自分ひとりだけど、彼とは心がつながっている。大丈夫。つながっている。」と信じるというのでしょうか。

自分の心のひび割れを直すために、一人の時間を耐えること。これが、彼の愛を取り戻すためにできる2つめのステップです。

3.彼を人間として愛す

彼の愛を取り戻すためにできる最後のステップは、「彼を人間として愛す」ということです。

  • 彼に「親」としての愛を求めていませんか?
  • 彼に「男として」の愛を求めていませんか?
  • 彼に「庇護者」としての愛を求めていませんか?

 

自分の心の傷に気が付き、
自分の心のひび割れを自分で埋める努力をし始めた貴方。

 

もうすでに、何が一番自分にとって大切か、わかってきたはずですよね。

 

彼は、私たちの所有物ではないんです。

私たちを愛する義務など、彼には無いのです。

 

彼の存在自体を、受け入れて認めること。

彼を一人の人間として愛すること。

 

私たちの心の持ち方を変えると、
不思議とそれが彼に伝わるんです。

● 彼にとって居心地のよい場所。
● 自分を認めて受け止めてくれる場所。
● 羽を癒しに戻りたい場所。

そんな安全地帯に私たちが、なれたとしたら。

愛されない理由は、どこにもありません。

きっと彼の愛を取り戻すことができる、

そう思いませんか?

 

さいごに

時間がかかるのは、しかたがないです。

すぐに結果は出ませんし、表面的に取り繕って演じたとしても、それはまったく意味をなさないので・・・

1.自分の心の傷に気づく
2.自分の心のひび割れを直す
3.彼を人間として愛す

ここまで到達するまでに、私はどのぐらいの時間を費やしたでしょうか。

今は、それなりに自分の恋愛依存を克服しつつあり、
安定した恋愛生活を送ることができています。

 

もう諦めかけた恋愛でしたが、
彼の愛は、私の元に戻ってきました。

 

あなたも、

諦めないでください。心から、応援しています。

 

あゆら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。